デジログ実践家の『ソーシャルメディア時代のユビキタスなデジログ物語』
ソーシャルメディアを有効に活用するユビキタス社会。ユビキタス市場での地域と個人の対策は?それはコミュニティとコラボレーションにIT活用。今日も汗と涙のドラマが続く。さてその結末は~?
プロフィール

デジログ実践家

Author:デジログ実践家

by @digiloghide

ブログランキング
今、何位?

 21世紀高度情報社会実現に向けてのプロジェクトに初めて関わったのが1989年秋。「@@科学研究員」として、近未来の社会に思いをめぐらした日々。
 それ以来、自らの目指す構想に向けて、試行錯誤の毎日が続く。その時々の最適な商材、ツールを活用しながら「顧客、利益、商材、情報、パートナー」を同時に創り上げながら仕組みを創って行く命題に向けて。
 専用端末から汎用端末、PC、そしていつでも何処でも指一本で情報を受発信できる携帯PDAと。人と人、人と情報、求める人へ必要な情報がいつでも何処でも円滑に伝わる仕組みとは? 

 必要な情報が相応の価値を持って流通する、情報流通の仕組みとは?アナーキーなインターネットの世界が、安心して誰もが参加できるデジログ(デジタル×アナログ)の世界とは?

 その解決策は地域レベルで、WEBから人まで、人からWEBまでがつながったコミュニティーの仕組みであると確信!

 地域コミュニティのシステムづくりとしてへ、勿論あなたの商売繁盛インフラとして、人財づくり、仲間作りとして、更に楽しい世界を目指して共に進んで行きませんか?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地域と個人20%が活き変えるユビキタス社会のデジログな出会い道と歩き方』
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■ 21世紀 『ユビキタス社会』をどう生きる ?
■■■ ユ┃ビ┃キ┃タ┃ス┃課┃の┃I┃T┃起┃業┃日┃記┃
■■ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 ■筆者による筆者と読者のためのITビジネスチャレンジ奮闘舞台■
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 今までのやり方が全く通用しない大変革の時代突入!
 いくら頑張っても、たとえ売上があがったとしても儲からない(X_X)

年金崩壊、社会不安、重税とインフレの不安の波~
大きく変わりだした、消費者意識とビジネス環境

日々、確実に起こっている崩壊と創造
目前に迫ってきた双方向、グローバル、ボーダレスな
ユビキタス社会と世界的大競争時代を生き抜くには?

地域に住んで「ふれあい」「充実と安心の日々」を
手に入れるには?

いったいどうしたら??? 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●『地域と個人20%が活き変えるユビキタス社会の
           デジログな出会い道と歩き方』 ●
 
 (なんですか?それ?)

 はいはい、秀ちゃんやっと情報商材を作ったんです。基本ベー
 スは3年前に作ったんですが、今年の初めに、今の時代に合わせて 
 中身をリニューアルして、その後中だるみがあって、チョコチョ
 コ進めながら、お盆に一気に完成させたもの。
ふ~ヤレヤレ。

 (結構、時間かかかったんやね?どんなん??)

ハイ
*ユビキタス社会といわれる時代に向けて、地域や個人は何を考え何を準備する
 必要があるのか?
*中小、零細、個人にとってのユビキタス社会は一歩間違えば非情なる格差を
 予想します。国も頼りにできない未来に向かって明るい希望を見出して行くには?
*異業種交流」と「地域」はその希望のテーマになると確信します。
 その具体的なイメージは?

 詳しくは

 を見てください。サイトもすべて自分の手づくりです。

 (なぜつくったん?)

 動機ですか?いい質問です。秀ちゃん、過去流通関連の全国ネットの
 ビジネスや企画に携わった経験がありまして、いつも思うのはそのほとんどは
 地域レベルで考えるとその土地の消費者にとって満足、生活者にとってメリット
 を与えきれずに支持されないという結果なんです。

 そこで10年以上前に出した結論は、地域レベルのサービス、商材を、その土地
 にすむ人の参加型で作りる方法しかないということでした。ではどうするのか?
 ということで、ある地元商材を切り口に組織化を試みたり、総合的なサービス
 パックを取り入れてパートナー作りをやったり、しましたが、なかなか進みません。

 物やサービスでゼロから結びつきを育てるのは難しいのです。

 有効な方法は「コミュニティ」「情報支援」「教育」というスキンシップという
 キーワード これはオンラインも併用できニーズもたかく、比較対象できない
 差別化商材です。

 てなわけで、今まさに天の時来たり!いよいよ長年の構想を具体化する準備
 が整い、前に進むきっかけとして、広報、教育、パートナーシップ創りを進めるた
 めに
   情報を整理したのです。  


 また、いまオンラインビジネスをやっている方へも読んで参考になるものです。
 地方分権ではないですが、今後ビジネスやコミュニティは地域性もテーマに
 なると思います。そして、インターネットは生活の一部として多くの人にとっては
 今の電気のような意識しないで使うインフラになっているでしょう。

 利用者側も賢くなります。そうなるとインターネットのテクニックや術だけで物
 が売れにくくなり、オフラインも意識したほうがベターであると思うのです。

 (ほほう、秀ちゃん今後の情報商材の計画は?)
 
 もちろんありますが、タイトルは 『地域と個人2割が活き変えるユビキタス社会
 のデジログな出会い道と歩き方』であり変わりません。つまり、今後は自分の
 デジログな出会い道と歩き方の実践経過を、そのつど整理して、ページ数を
 増やしていきます。

 おそらく、他にはない中身のある事例集であり日本一の内容にしていきます

 (鼻息、あらいね、ところで売れてんの?)

 商品⇒広報⇒販売⇒よいもの 人に知ってもらわないと、ないのと一緒です。
 今回、初めて知ってもらうために告知したというわけ。これからであります。
 一気に売れなくとも、ロングセラーを目指していきます。
 
 この記事を読んでくれてる方、よければアフリエイトして頂けましたら幸いです
 

 予算のないところで今は、メルマガ発行者へ掲載のお願い
 毎日来るアフリエーターさんからのメールにアフリエーターのお願いメール
 あるキーワードで上位表示されたサイトへのアフリリンクのお願い
 思いつく事は地道にぼちぼちやっています。
 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ブログランキング健闘中!愛のクリック頼みます

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

★お勧め&プロジェクト関連サイト★

地域と個人2割が活き変えるユビキタス社会の
デジログな出会い道と歩き方  http://www.yubikitasu.org/e_book/ 
ユビキタス課へようこそ  http://www.yubikitasu.org/ 
ユビキタス課携帯サイト  http://www.just.st/761192 
モバイルコンテンツビジネスオーナーなら
            http://www.bbline.net/ibs/mobile/    
私の友人、アメリカ上場、資金調達して世界展開へ!
http://www.origami-club.com/   
世界へ羽ばたく電子個性~企画販売独立会社社長募集!
http://www.realize.ne.jp/kosei/ 
    
  ☆*☆━━━━━━━━━━━*☆*━━━━━━━━━━━━☆*☆

■筆者紹介 デジログ研究家秀ちゃんとは    

  ☆*☆━━━━━━━━━━━*☆*━━━━━━━━━━━━☆*☆
■編集後記

 現在のルールでは、表題に「未承諾広告※」と示せば、広告目的のメールを
 不特定多数に送ることができます。しかし、ルールどおりにまじめにやっている広告
 業者は1%もなく、多くは迷惑メールといわれるスパムです。これを封じ込めるために
 相手の承認以外にはメールを送れないというもの。そもそもスパムはどんな法律が
 できても巧妙に送る悪質なプロ。なくなる事はありません。(他を犠牲にして手段を
 閉ざすのではなく、そういう連中を取り締まる動きをして欲しいものです。)
 結果、ルールどおりにやっている広告側ができなくなる。これはどうしたものか?
 おかしいですね。ネットはある部分自由な領域で利用者も智恵をつけて自分なりの
 ネット活用の智恵を身につけていくのです。
 それをいちいち制限していたら、、、。電話をかけるもの了解をえて
かけなきゃならんし、郵便もしかりじゃあ、それだと、お国にお金が回
ってきませんから、それはありませんね!
http://www.asahi.com/life/update/0828/TKY200708280388.html 

 ◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■◇◆□■
           Copyright(C) 2007 by顧客創増実践会



スポンサーサイト

テーマ:情報商材 - ジャンル:ビジネス

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gaynbaru.blog64.fc2.com/tb.php/109-cc0376b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。